ゆるくてかたい26才おなごの日記

気持ちはかるーく心はゆるーく。おかたいところも、あるんだな。気ままに書いてます。

クレームと気疲れによるふらつき

今日は忙しかった!てんやわんや。

部署の先輩がお休みだったので、受け持ちが増えたのはなおのこと、めんどくさい利用者さんからクレームが入る。その対応に追われてた。

 

いわく、ばいきん扱いしやがって!許せねえ!トップを出せ!とのこと。

いないっちゅうねんトップ。なんでこんなことが起きたかといえば、本人に事実を知らせず、対策だけとったからなのよね。で、それを決めたのはおえらいさんたち。いやー、知らんがな。青天の霹靂よこっちは。と思ってびっくりしたんだけど、ひとまず休みのトップに連絡を取る。対策をきく。担当部署にも連絡して、それでもダメならまた連絡と、部署内での箝口令と口裏合わせをしましょうということになった。

 

その上今日に限ってなんぞ知らんが学生さんの見学がたくさんあって、そちらにも時間を割き。午前中で帰っちゃう人もいるからスケジュールを緻密に組んで仕事をこなして、部署のメンバーに話の周知もして、ってやってたらつかりた。ほえー。

頭が持ってかれそうになるというか何度も持っていかれるんだけどそのたび集中してみる。

仕事はなんとかつつがなく終わりそう。ひとあんしん。

 

午後になったら、文句言ってたけどまあ大丈夫でしょと職員さん。いや大丈夫なのかそれ。その対応もしなきゃなあと思って、連絡して、それが一通り終わったのが仕事が終わる時間で、なんか気疲れ。

まあ別に私が気を揉む話でもなかったんだけど、頼れる先輩がいない=私がなんとかしなきゃ、になってて気を張りすぎてたんだと思う。気負いすぎ。でもずいぶん前よりは疲れは軽くて、すばやく歩いて帰り、余ってた肉を焼くくらいの余力はあった。

 

考えてたら胃が痛くなってきて、胃が痛くなってるのを明確に感じたのは初めてじゃないかと思ってこれはヤバイだれかに打ち明けなきゃと焦る。なんかあったら俺に言えやーって言ってたイケメントップにはタイミングが合わず頼れなかったので、好きだった人に愚痴ってみる。俺だったらこうするけどな、気にすることないじゃん。と。あっちがおかしいでしょって。んー、なんか違うそういうことじゃないんだよー。と思いつつ、まあ話したことで胸が軽くなる。

帰りに一緒になった別の先輩に話してみたら、大変だったね、上が休みだったもんね、と慰めてもらってしまった。あ、私、弱音を吐いたから大変だったねって言ってほしかったんだな。いやあ。いい人だこの人。のんびりおしゃべりしてたらすごーくゆるくて心地よかった。めずらしく2人きりだったからいつもと話してる感じや内容もずいぶん違ったな。他の人の評価を気にしなければこの人のこと好ましいのかもしれない。

 

寝る直前にブログを書くと頭が冴えて眠れないようだ。書くなら朝か、家に帰ってから。毎日ただ出しているだけだとたぶんダメで、書かずに置いておいたほうがいいところもある。

facebookは朝は見たらほぼアウトなので、朝は別のことをする。職場でできる別のことがなかなかいいのが見つからない。探し中。

 

昨日車を停めてたらお隣さんがたまたまいて、いつもありがとうございますと。???ってなっていると、車を軽く反対側に寄せていつも停めてたことにお礼を言われてたらしい。自分ではなんとなくでやってたんだけど、そんな風に気にして見てくれていたんだなーとびっくり。ほぼ話したこともないしね。人にそんな風に言えるなんてすごいなあ。いい人だ。

 

明日は友だち2人が泊まりに来るがどうなるかなー。楽しみと、実験的な気分もはんぶん。

いい夜になりますように。