ゆるくてかたい26才おなごの日記

気持ちはかるーく心はゆるーく。おかたいところも、あるんだな。気ままに書いてます。

おかあさんのくらし

昨日から友だちの家に泊まりに来ている。

友だちはおかーさんなので、保育園のちびっこ1人と、旦那さんと3人暮らし。

そこにおじゃましてる。お昼には別の友だちと用事があるのでわりとすぐ帰る。

 

前に来た時よりおもちゃがたくさん、たくさんになってた。以前にも増して部屋がさみしい感じ。苦しい感じ。いかにもなんか出そうなくらい。

ここにずっとひとりでいたら、さみしいんだろうな。とても。

 

初めに会った時は笑っていながらも、心のガードがめちゃくちゃ固くなっててびっくりした。

ラインで話してる時も雰囲気すこし変わったなとはおもっていたけど、息子以外のものを入れるのにすごく抵抗があるかんじ。

息子主体で動いてて、息子基準で動いてる。最近は30〜40代のママさんたちと会う機会がなんかあるんだけど、それとは違って、閉塞していて苦しそう。おつかれさんやね。

 

ママの緊張を感じ取ってかうまく話してくれなかったちびっこも、おうちに帰る道中なじんで話してくれてよかったー。たくさん遊んで私のほうが先に眠くなるという。笑

 

バリアがべりべりだった友人も、子どもと遊び、寝付いた頃にはふつうに話せるようになってた。よかったー。

笑い合える友達がいないなんてそんなことはないんだよ。遠慮はやめたっていいんだよ。

 

子どもといる時、自分が自分でないようになってしまう親御さんって多いんじゃないかとおもった。

てっぺん越えて帰宅する旦那さんのごはんをせっせと作っている。今日何があったか話す。社会と隔絶する。隣にはあなたがいるけど、まわりはこわくて話せない。それってすごーくさみしいんじゃないかとおもう。

子どもがいることでいろんな制限を受けて、そんなものはないこともあるけど、身動きとれなくなってしまうんじゃないかな。とくに小さいうち。

子どもいないのにこーゆーこと書くと、あんたに何がわかんのよ!えらそーに!って言う人もおるんやろなー。

 

まだまだ先だとはおもうけど、私どんなおかあさんになるんだろうな。うーん。若干こわいがたのしみだ。

よく寝れたけどいつもの起床時間に起きるあたり私すごいぜ。ほほ。