ゆるくてかたい26才おなごの日記

気持ちはかるーく心はゆるーく。おかたいところも、あるんだな。気ままに書いてます。

疲労と休息

なんか流れで兄の引っ越しの手伝いに行ってきた。高速の運転が教習ぶりくらいというので(つまり10年くらい)、お隣に乗って自動車教習してきた。運転危ない人の隣にいるのこわいのよね。自分が運転するのの2倍くらい神経使ってつかれたな。

 

帰りに母とイオンで喪服を買う。いいのがない。おばちゃんの口臭がくさい。喪服を突き詰めてもしかたないかなと思って妥協する。

 

帰りは母と2人で運転だった。高速は私の運転だったのだけど、やれスピード出しすぎるな、右にいた方がいいよ、次を左折だよとか、わかってることばかり口に出されてイライラ。

一般道は母なのだけど、ナビを見ればわかるようなことを、次はこうしたほうがいいかな?と意見を求めてくる。とても疲れる。

 

母はどうやら私からアドバイスがほしいようで、苦言を呈してほしいようなので、いっつも言うんだけど同じことの繰り返しなのだよね。

過保護はやめてくれって言ったからだいぶよくなったんだけど、形を変えた依存になっている。

けっこーキツい口調でいつも言うんだけど疲れるのよね。言いたくないし。人になんのかんの言うの基本的には好きじゃないし。人には頼らないことにしたってドヤ顔で言ってきたけど、私に頼ってるんだったら同じこと、むしろなお悪いよと伝えておいた。

 

「私に頼るくらいなら自分でどうにかするすべを身につけろよ、人生まだ長いのに子どもをいつまで生きがいにしてんだよ」と伝えたけどどうなるかな。

専門にやってる人いるんだからさ、そっちに頼ってくれよ!って言ったんだけど、これで響いてなかったらダメね。

わたし、母の世話したくないんや。そして、母の前だと心を許し切って泣くのがむずかしい。頼りきっていい、甘えきっていい人ではないという感覚。

 

高速運転教習、喪服着せ替え人形、母との会話でへーっとへとに疲れてしまった。肉まんでも食べて帰ろうと思ったんだけど、こういう時はちゃんと食べなきゃダメだ!と思い直してしょうが焼き弁当たのむ。

ごはん食べたらとっとと休まなきゃと思ってお風呂はいる。バスソルト入れる。頭に触ったらガチガチだからマッサージする。パックして肌ケア。

ドライヤーかけたらようやく落ち着いた感じ。こうしなきゃああしなきゃで動いてる時って自分のペースから外れるし、まして慣れない場所とか慣れないことすると疲れるのだよね。

 

へーっとへとに疲れてる時こそ、余力ふりしぼってちゃんとしたもの食べて、早めにお風呂はいってはみがきして、精いっぱい休むことをがんばるのが大事だなとおもう。プラスまで行き着かなくても、マイナスからゼロくらいまではどうにか戻れる。

 

ディフューザーでもレモンたいたら口の中すっぱい。早めにお布団入って、頭皮マッサージと小顔マッサージして、自分に優しくしてねむろう。他人が自分にやさしくしてくれるのに期待しすぎるとね。よくないね。自分で自分を精いっぱい労って、それでもダメなら他人に助けてもらう。近くの他人でも、お金払ってサービスでも、遠くの友達でも、なんだっていい。

 

まーすごいなとおもうのがお線香あげるたびに泣いちゃう。ついつい。

無条件にかわいがってくれて、甘えきっていい人がひとりいなくなったのはでかかったみたいだ。

 

好みのタイプは甘えさせてくれる人。甘やかしてくれる人じゃなくて。べとべとじゃなくていいから、頼りにさせてほしい。こころの。

頼れる彼氏あらわれろー!