ゆるくてかたい26才おなごの日記

気持ちはかるーく心はゆるーく。おかたいところも、あるんだな。気ままに書いてます。

プレイボーイ先輩の夢

職場のプレイボーイの先輩の夢を見た。現実に彼女(?)が4人くらいいる遊びにん。

私が初めて結婚式に参加した人なんだけど、1年で離婚しちゃったひと。娘の誕生日が私と同じひと。

 

なぜかうちのおばあちゃんちに一緒に行くことになった。焼き網の上に四角い箱に入ったグラタンがずらーっと並べてあって、区切りがついてる。そこに一人チャラめなギャルがいて、先輩はどうやら知り合いらしく、両手をぱちん!いえーい!と合わせてから、おしゃべり、踊り始める。

 

「どしたのー?先輩もここの宗教始めたの?笑」

「ちげーよ笑 そんなんじゃないって」

みたいな話を横目でしていた。

 

取り分けのお皿取りに行かなきゃと、小さめのお皿をみっつ、持っていく。ラスカルか?と思うけどラスカルじゃない、茶色の動物が書いてあるお皿。

さっきの部屋を通り過ぎて左に曲がり、入った部屋に赤ちゃんがいた。おや、と思い、さっきの部屋も覗くとちびっこが3ー4人いる。隠し子か?と思いながら取り分けていたらさっきの女の人が戻ってくる。先輩も取り分け用と思われるデカイ皿を持って戻ってくる。

あ、取り分け用の持ってきましたよ、とごにょごにょ言うと、見つめ合っているふたり。

「ねーチビも食べたいみたい」

「じゃあちょっとだけチビにもとってやって」

少量つまんでチビ用っぽい皿に分け入れる。

ふたりでやってくれよとちょっと思う。

 

そんなとこで目が覚めた。