ゆるくてかたい26才おなごの日記

気持ちはかるーく心はゆるーく。おかたいところも、あるんだな。気ままに書いてます。

起き抜けのさみしさと夢の話

さみしいからって、いてくれるだれかと一緒にいたら、さみしいままなんだとふと思った。

いてくれるから楽しいわけじゃないし、いてくれるから好きなわけじゃない。

 

ひとりの時間をひとりでいられるようになれたら、だれかとの時間がもっとよくなる。

 

今朝は夢に職場の先輩が出てきた。

引っ越した先でお隣さんで、なんなら廊下でつながっていて、勝手に部屋に出入りできる。

洗顔を泡だてたらすごく泡立ってしまって、ベーグルみたいな形で大きさは顔くらいの泡がかたまりになって、流そうにも洗面台がわからない。

先輩の洗面台を慌てて使わせてもらったら、いいよと言いながらも目が笑っていなくて、掃除しなきゃなあ…とおもった。

 

先輩が隣になったし、元彼と悪いことはもうできないなあとおもった。人目があるから。やつも来たくないだろうし。

新しいアパートになにから移そう?いらないものから移そうかな。いつまでに移ったらいいんだろ?傷ついてたら敷金とかいっぱいとられんのかな?

 

っておもったところで目が覚めた。

最近夢をよく見る。そしてその内容を覚えている。

 

夏が来るね、すぐ。