ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

茶色の朝

温めた黒ごまのジャムがおいしかった。玄米茶は味がせんかったけど、最後にふわっときた。起きたばっかりだから、ホットカーペットが温まるのには時間がかかりそうだなあ。

 

あだ名。大学の頃は名字からとったやつだったんだけど、同じクラスに同じ名前の子がいて、その子に悪いとおもって、自分から名字をもじったあだ名を考案したんだっけ。なつかしい。その頃から遠慮していた。

いくみって名前の子が2人いて、かたやいくみんと呼ばれ、かたやいくいくと呼ばれていた。あだ名なんて呼ぶ方がてきとーに決めるんだからなりゆきに任せておけばよかったんだけど、こわかったんだな。名前が被って、呼ぶ方が困ること。私が負けるから、結局違うあだ名で呼ばれること。予防線をはって、こわい事態を避けるのに慣れてきた。ずっと。

 

そーゆーの全部とっぱらってみたら、違うことが起きそう。すこしずつ。

あの人にああ思われる(かもしれない)のがこわい、あの人が嫌な気持ちになるのがこわい、その結果嫌われるのがこわい。

なんでも、いつでも、だれ相手でもすぐにこわがれるし、こわいポイントなんて無限にあるのだな。おっかなびっくり餌を取りに行くさまがかわいいと思ってくれる人もいるようだった。

 

自分のことを好意的に見て、声をかけてくれる人がなんとなくわかるようになった。

自分の話をすると、面白がって話してくれる人がいるのもわかった。面白がってくれない人にばっかり話して、自分の話はつまらないんだとおもってた。人によるんだね。

 

昨日の夜、ぐるんぐるん。で、絵を描いた。

f:id:goronesan:20171206083353j:image

 f:id:goronesan:20171206083407j:image

 f:id:goronesan:20171206083416j:image

疲れれば疲れるほど鼻水は溢れ出すのに、何もやる気が起きなくて、吐き出すすべがないっていうのはむずかしいことだな。

めった泣かないから、泣いちゃダメだとおもってるから、人に心配かけちゃダメだとおもってるから、かわりに鼻水が出んのかもしんない。

でも実際はなんか心配されてることが多いんだよね。なぞに。受け取っておこう。