ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

女子力

女子力ってなんだろう?と今朝ふとおもう。

おなごとしての振る舞いに求められるものかなあともおもったんだけど、そうでもないか。自己満足の世界。ある種。

 

男の人の立ち入れない領域に通ずるものはある気がした。ランジェリーショップやお化粧みたいなね。入ってる人もいるけど、すくない。

 

ファッションだとわかりやすいけど、振る舞いは男女ともに可能なものだからわかりにくい気がする。おっぱい寄せたって「女子力高ーい!」とはならないしね。

 

鍋のとりわけとかサラダのとりわけ、家のトイレにスリッパがあったり、玄関がかわいく飾り付けられていたり、料理上手だったり(見た目含む)、目で見てわかることが多いのかな。

持って生まれたものじゃない部分をそんなふうに呼んでる気がする。いい声でも、背が低くても、顔がかわいくても、女子力が高いということにはならない。

後付けの努力だとか得てきた能力な気がする。

 

気遣いってむずかしいけれど、こういう時はこうしたら相手が喜ぶのでは?楽になるのでは?の積み重ねのような気がする。女子力≠気遣い上手だけど、似通ったところはある。

空気を読む能力というのもそのひとつで、場数をこなしてきた人が強い。ケースをいっぱい知ってるから。

 

女子力≒生活力だとしたらおかあさんが強いのか?とか考えてたらわけわかんなくなってきた。おわり!