ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

洋服のえらびかた

先日原宿のショップ店員みたいと言われてひどくびっくりして恥ずかしかった。

そんなわけで、どんなふうに洋服を選ぶか書いてみる。

重視するのは、色と素材と丈感。あとシルエット。

 

これが似合わない!ってはっきりわかっているものは買わないことにしている。色なら原色に近い赤と黄色。厚手の刺繍の入ったミニスカート。まっすぐしたボートネック。フレンチスリーブにフレアスリーブ、パフスリーブ。

これらは大抵似合わないので、考慮に入れるだけムダやなとおもってほぼスルーする。

 

色はトップスに好きな色をもってきて、ボトムスはそれにしっくりくる色、アウターはその2つとバランスがとれる色にしている。地味になったら靴下で黄色とか黄緑をもってきて差し色にする。

パーソナルカラーがブルベ夏らしい。それが関係するのかしないのかはよく知らないが、顔まわりにもってくるのは、ネイビー、グレー、水色が多い。トップスはほぼ水色で、スカイブルーとペールブルーみたいなかんじ。あとはボルドーと肉色。冬は明るい色の服がなくてつまんない!のだ。

f:id:goronesan:20180125225302p:image

こーゆーペールグリーンみたいな色が好き。アウターにもってくるとぼけちゃうのでやはりトップスかな。

 

アウターは今3つしかなくて、ネイビーとブラウンのチェックのチェスター、黒のジャージ、ベージュのノーカラーコート。たいていどれかが合うのでぶなんにゆく。アウターは高いからせっかくだから気に入ったのを買いたくて、しょっちゅう探すんだけどなかなかいいものがない。

 

シルエットはすごく気になるので、事前にオンラインショップでいろんな方向から見てよさそうなのを選ぶ。試着すると丈感が気になる。

「もうちょっと私の背が低かったらこのデザインも生きるんだけどなー」

「あとほんのすこし肌みせができたほうがバランスいいのに…」

「足首まわりはきれいだけど胴回りがいまいち。これはもっと他に似合う体型の人がいる」

そんなことをぽやぽや考えては試着して、やめて、を繰り返す。気に入ったものがあったら別のサイズも着てみて、よりシルエットと丈感の合うほうを選ぶ。

 

まあダラダラ書いたけど、あー!かわいい!ってビビってきたものを着てみると、多少の欠点は気にならなかったりして。むしろどうやったらうまく着れるかな?とか考えたりする。

 

はやくあったかくなったらショートパンツが履きたいな。今年はあざと虫さされに気をつけて生足爆発させたい所存。