ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

給与明細の処遇

朝起きて、ふと、しばらく給与明細を見ていないことに気づく。

見たところで5万くらい減ってても気づかないだろうなと思う。

たぶん、苦手なんだろうけど、あまり開いて見ない。もらうとちょっと困る。いらないレシートみたいな感覚。

 

給与明細でよく見るのは、有給の残りいくらかな?ってとこぐらい。あとは額面だけ見るけど、いつもおんなしくらいだから、ぽやーって見て終わり。

 

先日先輩が、「昼食食べたのに食事代が引かれてない!」「え、オレ逆に食べてないのに引かれてるんだけど」と言った。よく気づくなあとおもった。

 

トップから手渡しでもらった給与明細は、引き出しにしまったが最後。見失うし、開かない。この間は引き出しの奥から1年前の未開封の給与明細が出てきた。

 

なんとなく苦手なものっていうのは、なんとなくの対策がある。

もらったらかばんにしまう。それだけなんだけど、かばんは月に1回くらいは整理するから、引き出しにしまうより手堅く持ち帰ることができる。

 

うーん。処遇に困る。給与明細。