ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

はじめてのカレー

人生で初めてカレーをひとりで作った。なんかの時に友だちと、とか、調理実習で、とかはあったんだけど、ひとりは初めて。

 

わたし、元々はカレーが嫌いだった。

からいし、しょっぱいし、おいしくない。とおもって、いつも食べないでいたら食卓から消えた。カレーの時は違うものを出してもらったりしていた。

 

ときどき外食でナンのカレーを食べるようになってからは、すこしずつカレーが好きになってきた。ほうれん草のカレーとか好きなんだよね。からいのは苦手なんだけど。

それでも家ではカレーはほぼ出ないので、自宅で食べる機会はほとんどなかった。職場の昼食で出るくらい。

 

 

放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる

放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる

 

 

この本のカレーを作ってみた。なかなか手間だった。ルウじゃなくて、カレー粉を買ってきて、バターと、小麦粉と合わせて煮詰める。飴色たまねぎと、おっきな鳥もも肉もいっしょに。

 

冷凍で保存する時はじゃがいもは入れないって書いてあったから、じゃがいものかわりに炒めたさつまいもを、なあんだと思ってひょいパクとつまむ。まんぷく

 

結果カレーは食べれなかったので、鶏肉だけすこしかじりついた。スパイシーなお味。

明日のお昼か夜に食べよう。どんな味がするかなあ。