ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

あくむ

今朝、こわい夢を見た。

玄関口で、だれかが家にやってきて、応対してる人をすり抜けたその人が、わたしの腕をぐっとつかむ夢。ただそれだけなんだけど。

 

むかし、よく見ていた夢で、デパートの中で迷子になって歩けども歩けども、だれもいないっていうのがあった。

私にとってこわい夢でも、だれかにとってはまったくこわくない夢なんだろうとおもう。悪夢かどうか決めるのは私で、その原因はもしかしたら意外なとこにあるのかもしれなかった。

 

半分うとうとしながら記憶を探ってみると、小さい頃に玄関口でおじさんに腕とか頭を触られたことがあるらしかった。いやなんだけど言えなかった。そういう気持ちを今もひきずっていたみたい。ふしぎな話。

 

昨日寝袋で寝たら暑くって、からだを半分ファスナーから投げ打っていた。明後日ねれるかな。