ゆるくあたる日記

気持ちも心も、ゆるーくかるく。ものごとにあたってゆけたらいいな。

食事と場所の好き嫌い

冷凍しておいた手作りハムを薄切りにして、氷といっしょにむしゃむしゃ食べている。うまい。粗雑かもしれないし、きちんと解凍した方がおいしいのかもしれないけど、私はこれが好き。

 

好き嫌いがはっきりしているという意識はあんまりなかったんだけど、食べものや場所に対する好き嫌いはすごくしっかりしていることに気づいた。昨日食事のメニュー選びの時にはたと思い当たった。

 

おいわ神社は日本一のパワースポットとか呼ばれてるけどへんな雰囲気だから二度と行きたくない。

ここは静かで雰囲気がいい、ここはセンスなくてうるさいから嫌、そういう好みもはっきりしている。一貫した趣味ややり方が出ている場所が好き。

 

食事のメニュー選びでなぜ人が時間かかるのかもよくわからない。これは食べたくない、これは食べたい、今日はこの気分、ですぐ決まるじゃんといつもおもう。白い服だから汚れないものを…とか、明日デートだからにんにくはやめようとか、TPO考えちゃうと時間はかかるけど。

 

食べ物の好き嫌いっていうと、嫌いで食べられない、好きだから食べたい、だけかと思ってたんだけど、そればっかりでもないらしい。

むしろ嫌いで食べられない食べものというのはほとんどなくて、魚卵と内臓だけ。しかしこれも食べようと思えば食べられる。おいしくないけど。

自分で注文してまでは食べたくないものというのはそこそこあって、出されれば食べるけど、好き好んでは食べない。めんたいことか、カレーライスとか、かきあげとか。

 

そう考えてくと、好き嫌いってはっきりしているのかもしれなかった。

人の好き嫌いも似たような感じで、すっごく好きー!って人も大っ嫌い!って人もそんなにいない。

そのかわりに、なんとなく話していて気楽だなーとか、2人きりで話すほどは好きじゃないなーとか、そういうのはきっかりしている気がした。区切り。

 

みんなどんなもんなんかねー。好き嫌い。